経営戦略の構築支援のためのアプローチ


 経営理念・ビジョンの策定から、経営戦略、事業戦略および機能別・経営資源別のレベルでの戦略立案、さらには中期・短期の具体的な経営計画の作成まで、お客様の戦略構築を総合的に支援します。私たちが重視しているのは、次のアプローチです。

1.企業を元気にするビジョン・経営計画
 ・経営と現場ラインが双方向に思いを紡ぎだす、全社参画型の検討プロセスづくり
2.徹底した情報収集による将来予測
 ・総合リサーチ力を活かした将来の外部および内部の経営環境の予測
3.適切なフレームワークの提供
 ・実践的な経営コンセプト/フレームワークの提供
4.実行重視のモデル構築
 ・一貫して現場起点で「実行と成果」にこだわる姿勢
5.発想転換への刺激、議論の促進
 ・専門家としての深い洞察と、第三者としての客観的視点からの刺激の提供

 競合優位な企業へ変革するには、マネジメントレベルから現場まで中期経営計画を確実に浸透させ、変化の激しい外部環境に対応することが必要となります。そのためには、従業員の行動実態と顧客の認識を正しく捉えなければなりません。
 現在の中期経営計画の浸透度調査から新中期経営計画策定までを総合的に支援いたします。

期待される効果


 戦略上位概念を踏まえた中期経営計画を策定します。
 中期経営計画を策定するプロセスを通じて、経営幹部の経営に対する価値観の統一・外部環境認識・自社の強みや弱みなどの認識をすり合わせ、ベクトル合わせを行ないます。

経営計画を“絵に描いた餅 ”にしないために


経営計画又は中期計画を、どれくらいの社員が把握し、実践しているのか
 絵に描いた餅都市内ために、経営戦略から中期計画、そして事業目標、事業計画、そして個人評価と落とし込にを行います。

フレームワークを使った営業戦略の立て方


 営業戦略とは、事業目標を達成するために営業のリソースをどう活用するか、どう攻めるか、いわば目標達成のためのシナリオを練ることです。しかし、いざ営業戦略を立てようとしたものの、何から手をつけたらいいかわからない、もしくは立てた営業戦略が使い物にならない…というケースも少なくありません。今回は、予材管理という営業のフレームワークを使って、営業戦略を立てる方法をご紹介します。

中期計画で明確にすべき観点


今後、3年から5年後迄の施策と売上計画を明確にする。

事業目標は端的に


事業目標は、標語で表現するのがベスト

目標設定のKGI、KPI設定方法


 KGIとは、Key Goal Indicatorの略で、最終目標を定量的に評価する指標です。売上高や成約数、利益率などが当たります。
 KPIとは、Key Performance Indicatorの略で、KGIを達成するために、成し遂げるべき中間プロセス指標です。KPIを設定することで、KGI迄のプロセスを分解・数値化でき、PDCAが回しやすくなるというメリットがあります。

経営計画の立て方


強い会社・成長し続ける企業の経営戦略とは

経営知財戦略(IPランドスケープ)


 IPランドスケープ(Intellectual Property Landscape)とは、経営戦略に知財を活用する取り組みです。知的財産が他者の権利を侵害しないか、権利保護はなされるか、また市場に出した場合に利益を得られるかといった事以外にも、知財の観点から市場にどのようなプレイヤーが存在し、どこのポジションを確保していくのかといった市場に於ける位置づけ、競合関係、マーケット情報を統合的に分析し、グラフや模式図を使って経営陣や事業担当者に戦略の切り口を提供します。
 自社の製品やサービスが他社の知的財産に抵触していないかといった事業の失敗を防ぐことを目的とした活動から、自社の戦略や事業を成功に導くことを目的とした知財観点の経営戦略(IPランドスケープ)へと進化しています。
 IPランドスケープ分析には、専門性を有するため、アウトソーシングを行っているケースが多いです。

 経営戦略による組織力強化

 そのためには、経営者のドリームを「経営理念」で明確にし、行動指針を公表することで、社員のやるべき事や判断基準が明確になります。
また、経営計画を社員行動や判断まで落とし込むまでの仕組み造りをサポートします。

中期経営計画策定コンサルティング


 企業革新に向けた戦略的な取り組みの為の成長機会の取り込みの可能性について検討し、脱成熟の成長戦略と収益構造改革の加速に向けた中期戦略計画策定を支援します。
 戦略を的確に方向づけるためには、経営者および経営幹部が「現在の自社の姿」と「将来のあるべき姿」を共通認識し、両者のギャップ(=経営として取り組むべき課題)を正しく共有することが重要です。