ホームページを持つという事は、自社を多くの人に知ってもらうためだけではありません。ホームページを持つことで、会社の資産価値が上がります。また、ホームページを活用して、営業を効率化する事もできます。ホームページは営業ツールの一つであると共に、会社のステータスのひとつであり、インターネット上の会社の“顔”です。会社や、お店、病院、学校がホームページで評価されます。また、スタッフのモチベーションにも大きく影響します。

ホームページを造る前に知っておくべき事


 ホームページは制作しても、インターネット上に公開しなければ、誰も見てくれません。また、ホームページをインターネット上に公開しただけでは、ネットユーザがホームページを見ることができません。ホームページをネットユーザに見てもらうため(探してもらうため)の手続きが必要です。
 また、製作したホームページが、使いにくいホームページであれば、直ぐに他のホームページへと移ってしまいます。

 ホームページを作成する前に、ドメイン、ホスティング、SEOの言葉は知っておいてください。
 ドメインはホームページの所在地の様なもので、ホスティングは、ホームページを入れる入れ物です。
 SEOは、ホームページがどこにあるのかを多くの人たちに知ってもらうための方法です。

スパイラル制作


スパイラル制作とは、デザイン、制作、公開の一通りの工程を繰り返してホームページの質を高めていく制作手法です。
初めてホームページ制作の発注を行う場合、最終的にどんなホームページにしたいかはっきり答えられるでしょうか?
ホームページ制作の前の段階で、サイトの説明、どういう情報が必要なのかを求められても初めてのホームページ制作の場合、説明しづらいと思います。
ホームページを制作してみて始めてはっきりすることもあります。
スパイラル制作というのは、その考えに基づき、一度制作して運用してみてフィードバックを得てチューニングし、ホームページの質を上げていく制作手法です。

スパイラル制作のメリット

ホームページ公開後のフィードバックで仕様変更に関する問題等がある場合でも、フィードバックすることが基になっているので、フィードバックを反映しやすく、臨機応変に対応することができます。
繰り返し問題点の修正を行い、制作する結果として、最終的に質のいいホームページを作り上げることができます。

スパイラル制作のデメリット

デメリットは、フィードバック毎に様々な問題が浮上した場合、何度も何度もホームページをチューニングするため、納得のいくホームページに仕上げるのに時間がかかることがあります。また、初期の想定よりシステムの仕様が肥大化し、コストがかかることもあります。

スパイラル制作は、リスクを極力避けるため、プロトタイプを元に修正を加えていく制作手法を取っており、最初に出来上がるホームページが修正されることを前提としたホームページ制作手法であるため、常に新しい情報や機能が公開されるSEOにも適した制作手法と言えます。

ホームページを制作する目的を明確にすること、また、スパイラルを繰り返す時は、問題点とその解決方法を明確にするため、目的がはっきりし、スパイラル制作でどんなに修正を繰り返しても、全く異なるアウトプットになることはありません。

サポート⋅メンテナンス


 「以前制作してもらったホームページ、手直ししたいけど、別の会社にお願いしたい」そんな時は、にお気軽にご相談ください。
他社で制作したホームページの更新や、サポート・メンテナンスも承ります。

コンサルティング


 インターネットの導入から、レンタルサーバー申込代行、ドメイン名取得・ドメイン移管代行、メールアカウント作成、サーバーネット店の構築・運営、SEO対策、携帯サイト作成など、お気軽にお問い合わせください。

料金


補助金

補助金 申請締切 採択結果発表 実施期間
第1回 2020年03月31日(火) 2020年05月22日(金) 2021年01月31日(日)
第2回 2020年06月05日(金) 2020年08月 2021年03月31日(水)
際3回 2020年10月02日(金) 2020年12月予定 2021年07月31日(土)
第4回 2020年02月05日(金) 2021年04月予定 2021年11月30日(火)

補助金に関する詳しい情報はこちら >>>


ビジネスパートナー:雅システム