ICTプロデュースでは、知恵の出し方から、知恵を知的財産で守る方法、知的財産をビジネス戦略に活用する方法について、e-Learningの他、集合教育、オンラインセミナー等をご用意しております。
 ご不便等ございましたら、ご相談下さい。

 新型コロナウィルス感染症の影響により、休業や在宅勤務が続く中、こうした機会を有効に活用し、来るべき活躍の時に備え、スキルUPするチャンスです。

石を運ぶ人の話


 お城の建設中に、城石を運んでいる三人の若者に話を聞いた。
「あなたは、何の仕事をしているのですか?」
一人目の若者は、「石を運んでいるのさ」と答えた。
二人目の若者は、「敵に攻めれても、侵入出来ない城石を造っているのさ」と答えた。
三人目の若者は、「この国を守るために城石を造っているのさ」と答えた。

月日が流れ、
一人目の若者は、年をとっても石を運ぶ仕事をしていた。
二人目の若者は、城石の設計を行う仕事をしていた。
三人目の若者は、国を守る仕事をしていた。


同じ行動でも、目的意識を持って行動すれば、意識や技術、行動の仕方が変わってきます。
一人目の若者より二人目の若者、三人目の若者は、より大きな目的意識を持っていたので、仕事に対するやりがいや、習得する技術もさることながら、様々な課題にも気付き、課題を解決するための知恵も出てくることでしょう。


 ICTプロデュースでは、知恵の出し方、知的財産活用、IT技術のセミナーをご用意しました。

セミナー 概要 集合 e-Learning on-line
アイデアの出し方  人が脳を意識して使っているのはわずか3%。この意識の領域と、前意識の領域、無意識の領域を使って、“ヒラメキ”が起こる脳の仕組みから、ヒラメキを知恵にする方法をはじめ、アイデアの出し方、アイデアを財産にする方法を学びます。 無料 無料
知的ビジネスづくりワークショップ  会社に存在する問題(課題)から、真の課題を抽出し、その課題に対し、最新技術を紹介。これらの情報を共有することで、効率的に施策を導き出します。 有料 有料
セミナー 概要
特許の基礎 「え!こんなのが特許になるの?」と思われる様な特許が、ビジネスでは活躍します。
職務や業務の中から、ビジネスに有効な発明を抽出するための、特許の考え方を、例を交えて説明します。
知的財産の基礎 知的財産は、特許がすべてではありません。ビジネスシーンに合わせて、特許、実用新案、意匠、商標、著作権、種苗法、不正競争防止法、独占禁止法、民法、弁理士法、条約を活用する必要があります。
「課題解決型」による発明の発掘方法 普段の職務や業務の中から、効率的にアイディアを抽出し、管理し、最も効果的なアイディアを特許化する方法を解説します。
これからは、サービスビジネス関連特許に於いても、効果を発揮する方法です。
ビジネス関連(ビジネスモデル)特許 オフィスグリコの「置き菓子」事業が、何故独り勝ちして50億円もの年商を稼ぐことができたのか?商品ボックス管理システムのサービス関連特許を分析、サービス関連特許の重要性を解説します。
秘密発明と営業秘密 特許で製品やサービスを守る方法だけが、知財戦略ではありません。
侵害確認が容易に出来ない発明は、秘匿化する、コカ・コーラの製造方法の様に、営業秘密として、長年にわたりビジネスをっさえている例を交えて、説明します。
特許のオープン/クローズ戦略 オープン戦略とクローズ戦略を組み合せることにより、ビジネスの幅を広げることができます。
セミナー 概要
プライベートLTE 4G(LTE:Long Term Evolution)のプライベートネットワーク。公衆キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の回線を使わずに、プライベートな4Gネットワークを構築できます。公衆キャリアを使わないので、高いセキュリティと自由に仕様を決められるユーザビリティの高いサービスに応用可能。
5G 2020年3月からサービスが開始される5G。3GPPの仕様検討・標準化プロジェクトで何が定義されていたのか、また、5Gを活用しつくすためには、利用者からの要求が最も大切であることを5Gの原理から仕様を含めて解説します。
MEC 低遅延の実現に向けて、必要な儀ゆつであるMEC(Mobile Edge Computing)。その原理と、2020東京オリンピック・パラリンピックではどの様に使われるのか例を交えて解説します。
AI AI(Artificial Intelligence)の原理でもある機械学習と深層学習(ディープラーニング)、データマイニングの関係から、利用方法、また無料で利用できるAIまで、紹介します。
ロドーン わずか5年で、ドローン産業がここまで大きくなったのか?ドローンの歴史未来、また、ここまで来ているドローンの紹介と産業活用を紹介します。
ロボット 調査中